禁煙パイプとチャンピックスはどちらが効果的か

タバコを吸うことによる健康や美容への悪影響というものが社会的に認識されるようになってきたことを受けて、禁煙を目指す人が増える傾向にあります。
それを実現するための禁煙グッズの開発はまさにホットな領域となっており、数々の禁煙グッズが開発されてきました。
医療面からも禁煙の重要性が認識され、チャンピックスが医薬品として禁煙の補助ができるものとして広まってきています。
広まる禁煙方法の中でも人気が高いのがチャンピックスを用いる方法と禁煙パイプを用いる方法です。
どちらもメリットとデメリットがあり、十分な比較をしてどちらが自分にとって効果的かを判断することが大切です。
禁煙パイプを用いる方法では普段吸っているタバコを吸いながら禁煙に向かうことができるということがメリットです。
タバコへの依存の原因となるニコチンを減らすパイプをつけてタバコを吸い、その減らす量を徐々に増やしていくことによってニコチンの量を徐々に減らしていくことができます。
これによって離脱症状を伴うことなくニコチンへの依存を解消することができます。
しかし、タバコを吸い続けなければならないという点が健康や美容への悪影響を考える人にはデメリットと感じられるでしょう。
これに対してチャンピックスによる治療では服用開始後8日目から完全に禁煙を開始します。
チャンピックスにはニコチンは含まれていないものの、弱いニコチン様の作用があることから離脱症状を軽減して速やかに禁煙状態を作り出すことができます。
こういった違いから、よりニコチンへの依存症が軽度で禁煙への意志が強い人にはチャンピックスが即効性もあってより効果的と言えます。
しかし、重度なニコチン依存症であったり意志が弱かったりする人の場合には禁煙パイプの方がじっくりと禁煙を達成できることから効果が上がりやすいでしょう。